16 12月

マンションを売る時の流れと気を付けておく売却前のチェックポイント

マンションと一戸建てを売る時に注意した事と流れ

マンション

主人の両親が高齢者向けのマンションに転居することとなり、主人の実家を売却することとなりました。
主人は2人兄妹。妹は結婚をして自宅を購入しています。
主人も同じく私と結婚をして一軒家を建築しました。
両親の家を継ぐ者はいなく、両親もそれを理解した上での高齢者向けマンションへの転居でした。
主人が生まれてから建てた家は築34年。数年前に畳を張り替えたり、トイレ和式から洋式にリフォームしていました。
土地の広さは50坪ほど、駐車場は1台、2階建ての3LDK+収納庫です。
主要都市のベッドタウンと言える場所で、主要都市から電車で25分ほどです。
駅からは徒歩15分弱です。
歴史ある街であり有名な神社が近くにありました。
両親も自宅の売却は自分たちが行うよりも主人に任せた方が良いだろうということで、主人が主体となって不動産屋と話をしました。
大手の不動産屋さん、地元の不動産屋さんなど計4社と話をしました。
自宅の中や外を見て回る様子や不動産屋さんの対応から決めたのが近鉄不動産です。
自宅をしっかり見た上で「大切なご自宅なので買い取ってもらった後も大切に使ってもらえる方に販売したいと思います。」と言ってくださいました。
私たちとしては立地も良い方だし、自宅もきれいなので、売りに出したら早めに買い手がつくだろうと考えていました。
しかしながら考え方は少し甘かったのでした。
近鉄不動産への問い合わせはそれなりにあったようですが、現地を見て少し考えて躊躇する方が多いようでした。
その原因として、自宅前の公道が狭いということでした。向かいにも家が立ち並ぶ道路。
車一台が通るのがやっとで、車のすれ違いはできない幅です。
狭いがゆえに交通もそれほど多くはありません。それでもやはり昔ならばこの幅でも生活に不便はなかったのかもしれませんが、今は車社会。
車も大型化していく中で道幅の狭い道路は敬遠されがちだったのです。
なかなか買い手がつかない中で時だけが過ぎていきます。
両親は自宅を売却したお金を高齢者向けマンション購入の一部にと考えていたこともあり、私たちも少しでも早く買い手がつかないかと願っていました。
少し売却金額を下げて様子を見ることにしました。
場合によっては家を解体して更地にして販売した方が良いという不動産さんの話もありましたが、大がかりになりそうなのでそれは最終手段として買い手がつくことを期待しました。
販売から8ヶ月経ちようやく買い手が付きました。
30代のお子さんが見えるご夫婦でした。
買ってもらうことができて主人も両親も本当に喜んでいました。
新たな家族に新しい歴史をこの家で作っていってもらいたいなと心から思いました。

不動産会社に相談をして実家を売却した時に気を付けた事

不動産

私の実家を売りました。実家には私と両親と弟が住んでいましたが、弟は高校生の時に既に学生寮に入居しており、大学進学先でも大学近くのアパートで独り暮らしをすることが、決まっていました。私は結婚が決まり、実家を出て半年後には新居へ引っ越すことになり、残された両親は二人でこの家に住み続けるか迷っていました。

なぜなら、実家は30年前に建売り住宅として購入しましたが、間取りは古く、階段が窮屈でお風呂場の脱衣所がとても暗くて狭くて、リフォームをしたいと思っていましたが、子供達が居なくなることが決まり、この家を売り出して、娘の家の近くに戸建てかマンションでも買おうかという話の流れになりました。実家は隣の家まで歩いて五分という、民家が離れ離れに建ち並ぶ田舎町で、私も年老いていく二人がこの実家で暮らしていくのには不便ではないかと感じていました。

そこで「藤波不動産」という地元では誰もが知っていて、広大な土地を管理している不動産やさんに相談しに行きました。この家を売りに出したいのですが、果たして売れるのか。その売ったお金で新たな家を買うことが出来るのか。足りない金額は父のこの年齢でローンを組むことが出来るのかとなど何点が問題点を整理し、話をしてみました。

すると、地元の不動産やさんだけにこんな小さな物件に対しても丁寧に応対してくれました。まずは、この家が売れるのかということです。捨てるものがいれば拾うものもということで、よっぽど家に対してもそぐわない価格でない限り、家というのは売れるそうです。

どんなに古くなった家でも、買い手がリフォームをしたり、また家を解体して新たに家を建て直すということも可能で、土地がある限り、次への住宅資金となると説明してくれました。不動産やさんがどう売るかは腕の見せどころだそうです。土地の魅力を売りにするか、家の魅力を売りにするかと言ったところだそうです。

そして、新たな住宅のローンは、やはり年齢で審査が通らないことがあるそうです。そこで、息子である弟の名前を借りて親子ローンという方法もあることを教えてくれました。

35年ローンでは到底両親はこの世に存在しない年齢であり、弟にその負担を課せるということでした。不動産やさんに依頼し、実家を売り出すことに決めて、そこから半年で買い手が着きました。

両親は二人で田舎町から引っ越して、私の新居の近くにマンションを購入し、不動産やさんの指示通りに動いています。住めば都と言いますが、まだ慣れない新しい生活に戸惑いながらも、都を楽しんでいる両親です。

折角手に入れたマンション、病気の為に売却することに

お部屋

タクシー運転手に転職して1年目、慣れてくるに従って毎月の収入が安定し、ある程度収入を得ることに目途がついたので、それまで住んでいた賃貸住宅をやめてマンションを購入することにしました。手頃なマンションが見つかり、ローンの審査も通って待望の我が家に入居することが出来ました。
そしてそれは新しいマンションに入居してから2年目に起こったのでした。突然足のつま先が上がらなくなり病院に行って見てもらったところ、何と神経難病による症状でこのままでは歩行困難となるので、直ぐにも手術が必要ということになりました。治って復帰する前提でタクシー会社を長期休養し、手術することにふみきりました。ところが残念ながら病気の治癒はならず、左側を主とした四肢麻痺が残り、タクシー会社を退職せざるを得なくなりました。
そこで問題になるのは購入したマンションをどうするかということでした。自分のこの体ではフルタイムでの働き口を得ることは難しく、妻が働いているといってもマンションのローンを支払って、生活費までもなどとはとても及びません。そこで妻と相談し、折角手に入れた我が家ですが、それを売却して借金を返済しローンを解消することでした。そうすれば妻と私がパート勤務で働けば何とか生活は出来るだろうという考えからでした。
幸い今は私が失業給付を受けているので、最低1年間はなんとかなる、この間に売却して次の引っ越し先を確保しなくては、早速マンションを購入した不動産会社「東急リバブル」の担当者に連絡し、事情を伝えて売却手続きを進めてもらうことにしました。
担当者は大変残念がっていましたが、私の事情に同情してくれ、「出来るだけ頑張らせていただきます。今マンションの相場が少し上がっているので購入価格を下回ることはないでしょう。」とのこと、私は内心ほっとしました。マンション売却に当たっては東急リバブルへの手数料や諸経費それに金融機関への経過利息が発生するので、仮に購入価格で売却出来たとしても、今の私にはその分借金しなくてはいけないのでそれは何としても避けたいと思っていたのです。
チラシや広告に載せる売却価格をいくらにするか相談された時、東急リバブルはこのくらいと相場を言ってくれましたが、私は出来るだけ高い方がいいと思っているので、法外にならないようしかしかなり上乗せした金額を伝えました。すると担当者は「うーん。」とうなっていましたが、私の事情を知っているので「やってみましょうか。」と言ってくれました。
早速チラシ配布や不動産の雑誌に広告が乗りましたが、中々購入者が現れませんでした。1ヶ月ぐらい経過した日、担当者からこの価格には少し無理があるので、少し下げてもう一回広告を掲載し直す提案を受けました。私はやむを得ず承諾しました。

そして再広告がだされてから1週間後、担当者から「中を見せてほしい方がいらっしゃいます。2日後のご都合はどうですか。」という連絡がありました。私はその時は浪人の身なので即OKしました。新築のマンションで、台所、浴室、各部屋とも丁寧に使用してきたつもりなので、いつでもOKでした。
2日後担当者の方が、40歳前半の奥さんと学生さんらしいお嬢さんを連れてやって来ました。そして一通り見た後「丁寧に使っていらっしゃいますね。」とおっしゃって帰って行きました。それから2日後、担当者の方から、「先方さんが大変気に入られているが、もう少し安くならないかと相談されたということ」率直にいくら値引きしたらいいか聞いたら、その金額を言ってくれました。よしこの額なら経費を精算しても、引っ越し費用といくらか残る、そう計算して先方さんのご希望通りで進めてもらうことにしました。契約成立です。少し心配なところがあったので内心ほっとしました。後で担当者の方から「ラッキーでしたね。普通こんなに早くは売れませんよ。」と言われましたが、私もそう思いました。

実際にマンションを売る時はマンション売る.jpさんを読んでからにしたのですが、詳しい流れや売り方も載っていたし分かり易くて非常に良かったです。おすすめです。

情報提供サイト様→マンションを売る流れ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です